ミックスニュース

スポーツを中心に色々な情報を発信します!。
芸能や日常のニュースも盛りだくさん。
旅に役立つホテル、グルメ等の情報もお届け。

    カテゴリ: 陸上



    (出典 ailbainpro.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :2018/08/08(水) 12:57:00.48 ID:dkEs2Xrk0●.net BE:448218991-PLT(14145)


    (出典 img.5ch.net)

    日本陸上競技連盟の理事でマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務める瀬古利彦氏が、
    テレビ局の女性に対して不適切な発言をしたとして、日本陸連から厳重注意を受けていたことが
    わかりました。瀬古氏は事実を認め「発言には注意したい」と反省しているということです。

    日本陸連や瀬古氏の所属するDeNAなどによりますと、瀬古氏はことし4月、打ち合わせの場に
    同席したテレビ局の女性に対し不適切な発言をしたということです。

    先月中旬に瀬古氏の所属先から日本陸連に連絡があり、連盟の幹部が瀬古氏に対して直接、
    厳重注意をしたということで、瀬古氏は事実を認め「発言には注意したい」と話し、反省した
    様子だったということです。

    また、DeNA本社広報は、取材に対して不適切な発言があったことを認めたうえで、
    会社として瀬古氏に厳重注意したとしています。

    瀬古氏は東京オリンピックに向けた日本陸連のマラソン強化戦略プロジェクトリーダーとして
    強化のトップを務めています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180808/k10011568941000.html


    【マラソン・瀬古利彦 厳重注意】の続きを読む



    (出典 art9.photozou.jp)



    1 ねこ名無し ★@\(^o^)/ :2016/09/23(金) 21:08:53.58 ID:CAP_USER.net

     リオ五輪・パラリンピックが終了し、いよいよ4年後の東京大会に向けての準備が本格始動した。会場やエンブレムなどですでに世界的な物議を醸しているが、競技に直接関係するような懸念も出ている。それは「真夏の東京が暑すぎる」という問題だ。

     中国メディア・今日頭条は21日、「日本政府は東京五輪における『東京熱』の問題を解決してほしい」とする記事を掲載した。記事は、4年後に東京五輪のマラソンが行われる予定である2016年8月9日の東京の気温が37度7分を記録したと紹介。
    このような状況では人の運動能力は大幅に低下するが、どうするのかと問題提起した。

     そのうえで、東京側が炎天下でのマラソン問題を解決する方法2つ用意しているとし、保水性のある素材で舗装してより多くの水分を蒸発させ、路面の熱を奪う方法、太陽光を反射させる素材を舗装することで路面温度の上昇を防ぐ方法を紹介した。
    しかし記事は、いずれの方法についても「失望した」としている。

     まず「保水性舗装」については、「どれだけの人が走るかを考えていない」と指摘。人が走れば走るほど路面の水がなくなっていくうえ、このやり方では空気の湿度が上昇して体にこたえてしまうとした。
    そして2つ目の「遮光舗装」については「さらに問題がある」とし、「前の人が後ろの人のために路面の日光照射を遮ることになり、後ろの人に大きなアドバンテージを与えてしまう。不公平だ」と論じた。

     示された2つのプランに対する批判には「果たしてそうなのか」と思う部分があるが、記事が示した主な懸念は別の点にあった。それは、金銭的な問題だ。
    記事は、東京五輪の準備コストがすでに予算の6倍余りに膨れ上がっているとし、道路の改造にも莫大なコストがかかると予測した。
    さらに、エンブレムや競技場など問題が次から次へと出現している状況から、「唯一決まっているのは、東京五輪が日本側の描くような美しいものにならないであろうということだ」という辛辣な評論まで展開している。

     夏の東京は、日中は高温多湿のうだるような暑さに苛まれ、夜でさえ熱中症に注意が必要だ。そして、ゲリラ豪雨が発生する確率も高く、さらには台風が襲来する可能性もないとは言えない。
    これから4年の間に様々な問題が発覚したり指摘されたりすることだろうが、ぜひとも知恵を絞って良いコンディションを作り上げてもらいたい。(編集担当:今関忠馬)

    http://news.searchina.net/id/1619354?page=1


    【【中国】真夏の東京、本当に五輪マラソンできるのか不安の声が・・・。】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 風吹けば名無し :2018/07/18(水) 09:18:03.54 ID:xB4HWSba0.net

    為末 大 認証済みアカウント
    @daijapan

    昼間にやるインターハイや高校野球の方が心配だけれど。やっぱり国際大会じゃないからかな。


    【【五輪】為末大、甲子園の問題にも触れてしまう】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 名無し募集中。。。 :2018/07/11(水) 22:16:01.89 0.net

    黒人って何やらせても強いだろ


    【黒人の苦手なスポーツを探しましょう~!】の続きを読む



    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2018/06/03(日) 20:53:37.66 9.net

    2018-06-03 20:50
     日本テレビ系で8月25日、26日に放送される『24時間テレビ41 愛は地球を救う』で、恒例の「チャリティーマラソン」が今年は史上初めてトライアスロンで実施され、
    チャリティーランナーはお笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん(33)に決定した。3日放送の同局『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜 後7:58)で発表された。

    →【写真】その他の写真を見る

     レギュラーメンバー全員がスタジオにそろう中、史上初の『24時間テレビ』応援団長に選ばれた出川哲朗がランナーの名前が書かれた封筒を開けて確認し、みやぞんの肩に手を置いて発表した。
    さらに、今年はマラソンだけではなく水泳と自転車も加わった“24時間テレビ史上最も過酷なトライアスロン形式での挑戦”も告げられると、メンバー一同は驚きの声をあげた。

     『イッテQ!』で、類まれな身体能力を駆使してさまざまな体を張った企画に挑戦し、不可能と思われるミッションを短期間でクリアしてきたみやぞん。今回は過去最大の難易度のミッションに挑む。

     同番組恒例のチャリティーマラソンは、1992年の第15回から毎回実施。ランナーは毎年5月頃に発表されてきたが、昨年は史上初の当日サプライズ発表となり、ブルゾンちえみが番組中にランナーになることを告げられた。

     今年のテーマは「人生を変えてくれた人」で、メインパーソナリティーは人気アイドルグループ・Sexy Zoneの5人が担当。スペシャルサポーターには南原清隆、
    史上初の応援団長には出川哲朗、「チャリTシャツ」プロデューサーには、お笑い芸人でファッションブランドも手がける渡辺直美が就任している。

    https://www.oricon.co.jp/news/2112719/full/
    (最終更新:2018-06-03 20:51)


    【・24時間テレビ・チャリティーランナーはみやぞん やったわ・・・。】の続きを読む

    このページのトップヘ