デザインを担当した水戸岡鋭治は、「レストラン列車」が広まり始める前から列車と食の関係を再構築しようという思いを強く持っており、「地上で食べるおむすびと、電車の中で食べるおむすびは味が変わる。地上で50点の味のおむすびが列車の中では60点や70点の味になる。景色が動き、心地よい揺れがあり、目的地に向かう期待で
20キロバイト (2,577 語) - 2019年2月18日 (月) 09:03



(出典 img.sirabee.com)


ニオイと音がしない物、ポップコーン!?

1 風吹けば名無し :2019/03/05(火) 18:20:12.09 ID:e8WFTrSEa.net

唐揚げ弁当